薄毛(うすげ)がAGAと呼ばれる、いわゆる男性型脱毛症であるならば、回復する可能性があります。

 

AGAには専用の治療薬が開発されています。
その一つがフィンペシアの主成分であるフィナステリドです。
フィナステリドは、男性型脱毛症の原因物質であるDHTを生成する酵素の発生を押さえる医薬品です。
つまり脱毛予防薬なのですが、治験により発毛効果もあることが確かめられています。
このことから、AGA治療薬として世界各国で認証されている薬なのです。

 

対してチャップアップは、医薬品ではなくて育毛剤です。
サプリメント(健康食品)と同様の扱いとなります。
成分は、昔から育毛効果があると言われているコンブ、もずく、ノコギリヤシ、亜鉛などです。
いずれも医学的に発毛効果がある医薬品成分というわけではありませんが、少なくとも髪の健康には良いとされているものですので、効果はないわけではないと思います。

 

ただしフィンペシアと組み合わせるならば、もう一つの正式なAGA治療薬であるミノキシジル製剤の方が、より効果が強いかと思われます。
ミノキシジルを使った薬としては日本ではリアップが発売されていますが、フィンペシアと同様に錠剤となったものなどがジェネリックとして、海外で流通しています。

 

フィンペシアもミノキシジル製剤も、あるいはそのジェネリックも含めてこちらのオオサカ堂で個人輸入が可能です。
オオサカ堂でしたら、取り扱い医薬品はすべて正規品ですし、輸入体制も万全となっているとのことですので、安全確実に医薬品が入手できると思います。



ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!

フィンペシアとフィナロ記事一覧

フィナロはプロペシアのジェネリック医薬品ですから当然、効果や副作用も全く同じと考えて問題ありません。プロペシアの添付文書によると副作用には肝機能障害などの肝臓への負担を指摘する記述もあります。プロペシアやフィナロを服用すると低い確率ではありますが、肝臓の数値が上がり心筋細胞が損傷される危険性も!心筋細胞が損傷されると場合によっては急性心筋梗塞などが起こってしまう可能性もあるので服用に関しては十分に...

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィナロですが、服用することによる危険性を心配する声が聞こえてきます。もともと前立腺肥大症の治療薬として使われるフィナステリドが含まれているため、副作用としては肝機能障害や精子の減少、精子の形態異常、性欲の低下などが挙げられます。ごくわずかな副作用の確率ですが、わずかとはいえこのような副作用が起こってしまっては大変です。特に精子への影響はこれから子供が欲し...