精子への影響も!!フィナロは子供が欲しい人にとっては危険?

フィナロ,危険

プロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィナロですが、服用することによる危険性を心配する声が聞こえてきます。

 

もともと前立腺肥大症の治療薬として使われるフィナステリドが含まれているため、副作用としては肝機能障害や精子の減少、精子の形態異常、性欲の低下などが挙げられます。

 

ごくわずかな副作用の確率ですが、わずかとはいえこのような副作用が起こってしまっては大変です。
特に精子への影響はこれから子供が欲しいと考えている人にとっては一大事!

 

フィナロの服用前に自分にとって最適な薬は何かということを改めて考える必要があるでしょう。

フィナロ以外で発毛作用のある育毛剤や薬とは?

フィナロは海外からの医薬品であるため、使用するのに不安という方も多数いらっしゃいます。
日本には内服薬タイプのAGA治療薬というのが非常に少ないのが現状。

 

海外では、AGA治療のジェネリック医薬品などが多数出回っていますが、日本の病院やクリニックはもちろんのこと、ネット通販サイトなどでも出回っていません。

 

やはり安心して使用するには日本製のものが最適です。
もし何か副作用があっても病院ですぐに診てもらえるというメリットがあります。

 

副作用ということを重視して薄毛改善に取り組むのであれば、育毛剤を使用してみてはいかがでしょうか?
育毛剤は高い発毛作用がありながらも、副作用の危険性は一切ありません。

 

その中でも育毛剤のチャップアップはオススメです。

 

服用で生殖器に異変が!?フィンペシアは精子へ影響を及ぼす?

フィナロ,危険

フィンペシアに含まれるフィナステリドには前立腺肥大症を抑える効果があります。

前立腺は男性生殖器官の一つでクルミ大の大きさの臓器。

 

膀胱機能を司る部位への影響があるため、フィンペシアを服用すると精子への影響が懸念されています。

 

フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアの添付文書にも精子への影響を指摘する副作用が記載されていて、わずかながらではありますが、精子の濃度減少や精子の運動性低下、あるいは精子の形態異常などが起こってしまうことも。。。

 

「もう子供は必要ないからそんなことは気にならない。」という方はフィンペシアを服用しても問題ないかもしれませんが、生殖器への影響が気になる方は念のため使用は控えた方がよいでしょう。

フィンペシア以外で男性型脱毛症に有効なものと言えば?

フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品にあたるため、当然プロペシアにも同様の副作用が考えられます。
他にもエフペシアやフィナロなどのジェネリック医薬品も同じ副作用が考えられるので使用は避けたほうが無難でしょう。

 

髪の毛を増やしたいという願望は薄毛の方なら誰にでもあると言えますが、健康を害してしまっては元も子もありません。
そういった意味では副作用の危険性がない育毛剤を選択するのも手段の一つです。

 

副作用の危険性がない育毛剤として定評のあるものと言えばチャップアップ!
チャップアップは何かの治療薬として使われるような成分は入っておらず、天然素材を中心とした生薬成分ばかりなので、体によい影響を与えるものばかりです。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!

関連ページ

フィナステリド含有の危険とは!!フィナロは重篤な肝臓の病気を招いてしまう?
フィナステリドを配合したジェネリック医薬品育毛剤として有名なフィナロ。そのフィナロの肝臓への影響は?病気の可能性も?