フィナステリド含有の危険とは!!フィナロは重篤な肝臓の病気を招いてしまう?

フィナロ,肝臓

フィナロはプロペシアのジェネリック医薬品ですから当然、効果や副作用も全く同じと考えて問題ありません。

プロペシアの添付文書によると副作用には肝機能障害などの肝臓への負担を指摘する記述もあります。

 

プロペシアやフィナロを服用すると低い確率ではありますが、肝臓の数値が上がり心筋細胞が損傷される危険性も!
心筋細胞が損傷されると場合によっては急性心筋梗塞などが起こってしまう可能性もあるので服用に関しては十分に注意する必要があります。

 

こういったことはもちろん服用者全員に起こるわけではありませんが、肝臓の数値が高い人や肝臓に持病を抱えている方は、服用は避けた方がよいでしょう。

肝臓に負担のかからない薬や育毛剤といえば?

肝臓への負担を懸念している方は、他の育毛剤や内服薬を使用した方がよいでしょう。
フィナステリドを含んだもの以外ではミノキシジルも有名ですが、こちらも血圧への影響がある薬で肝臓への負担も否定できません。

 

そう考えると、副作用ができるだけない育毛剤ということに選択肢は限られてきます。
そこでおすすめなのが育毛剤のチャップアップ!

 

チャップアップにはミノキシジルもフィナステリドも含まれていません。
当然使用しても、肝臓への負担はありませんので安心して使用することができます。

 

それにもかかわらず、ミノキシジルに近い効能があるので薄毛に悩んでいる方の間では、非常に人気のある育毛剤として知られています。

 

子供が欲しい人は要注意!?フィンペシアが勃起不全を招く!?

フィナロ,肝臓

フィンペシアの副作用として、勃起不全の症状が稀に発症するケースがあります。

フィンペシアに含まれるフィナステリドは、もともと薄毛治療に用いられていた成分ではありません。

 

前立腺肥大症の治療薬として使われていたものなので、その影響があるのではないかと考えられます。
フィンペシアと同じ成分が含まれるプロペシアの添付文書にも男性器に関する影響は指摘されていて、勃起不全や精子の減少などがあり、症状が重いと精子の形態異常などが発症してしまうケースも。

 

ただフィナステリドには性欲への影響を与えるテストステロンとの関わりがないので、本来勃起不全や精子などへの影響は現実的に考えにくいのですが、このようなことが発症してしまったという声も実際にあります。

 

因果関係はまだ不明ですが、十分に注意する必要がありますね。

フィンペシアはの副作用は避けられない?

フィンペシアを安全に服用する方法というのは残念ながらありません。
ごくわずかの可能性ではありますが、副作用の危険性は誰にでもあるということです。

 

髪の毛を生やしたいという欲望はあるものの、副作用が怖くてフィンペシアは服用できないという方は、全く副作用の危険性がないものを選ぶべきでしょう。

 

全く副作用の危険性がない育毛剤や薬というのは非常に数が限られています。

 

その中でも副作用の心配がないとされていてオススメの育毛剤がチャップアップ

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!

関連ページ

精子への影響も!!フィナロは子供が欲しい人にとっては危険?
プロペシアのジェネリック医薬品であるフィナロ。そのフィナロは危険?精子への影響はどれぐらいあるのか?