1年服用して効果なしだったらもう諦める!?プロペシアが効果を発揮する期間とは?

プロペシア,1年,効果なし

プロペシアを服用していても効果を感じることができない、という方は多数います。

それもそのはず1年で効果を感じ取ったという人は58%のみ!

 

1年間365日毎日服用を続けていても、これしか効果が出ていないという現実!
1年も使用して効果がないのであれば意味がないと感じて、辞めてしまったという方が大勢いらっしゃいます。

しかし実際にプロペシアを服用して効果があったという人が・・・

ブログやツイッターなどに頭髪の拡大写真をアップしていて、効果があることは事実!

 

このような方は大体2年、3年と長い年月をかけてプロペシアを服用していることが分かります。
プロペシアを使用して効果のある人というのは、1年では諦めていません!

 

さらに1年で効果がない場合は、ミノタブなどと併用してさらに発毛促進を促す方法で、薄毛対策をしっかりと行っている人ばかり!
要は諦めずにいろいろな方法で、発毛を促進するような取り組みを日々行っていると、豊かな髪の毛を取り戻すことに成功していると言えるでしょう。

 

プロペシアは抜け毛が収まると言われていますが、これは単なる噂ではなく、しっかりとした成分があると実証されて、厚生労働省も抜け毛予防の効果があると認めている確かな薬!

 

ミノタブに使われているミノキシジルも確かな成分が含まれていて、プロペシアとミノタブの二つを併用していくことが薄毛対策の効果的な方法です。

 

1年程度ではまだまだ諦めずに1年、2年と服用を続けてみてはいかがでしょうか。

 

50代でプロペシアを使用しても効果は無いの?

プロペシア,1年,効果なし

プロペシアの臨床試験のデータには、20代から40代の被験者を対象としたものがデータとして発表されています。

しかし50代に関してはデータがありません。

 

但し、決して50代がプロペシアを服用してはいけないというわけではなく、プロペシアの使用上の注意でも「20才未満での安全性及び有効性は確立されていない。」とだけ記載されているので、年齢の上限については無いと考えてよいでしょう。

このようなことからも50代でも使用することは十分に可能!

ただ、年齢が若ければ高いほど効果が高いというのは事実。
40代よりも50代の人の方が効果が出にくいというのは、承知の上で服用した方が良いでしょう。

 

とはいえ個人差のあるものなので40代の方と同等、あるいはそれ以上の効果を実感する可能性も十分あります。
50代では男性ホルモンの影響による脱毛なのか、あるいは加齢による脱毛なのか判断が難しいところ。

 

男性ホルモンの影響による脱毛の可能性も十分あるので、服用して試してみることは決して無駄ではありません!
AGA治療を行っている病院やクリニックでも、50代の患者さんが多く来院するようです。

 

薄毛に悩んでいる方の必須アイテムともいえるプロペシアは、日本だけでなく世界的にも効果があると評判!
50代だからといって、とりたてて副作用の危険性が高まるというわけではありません。

 

薄毛治療に効果のあるプロペシアは20歳以上で男性であれば使用できるので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!