ガンが怖い!?フィンペシアは不安という方に代わりとなるものとは?

フィンペシア,不安

フィンペシアの服用に関して不安で購入すべきかどうか悩んでいる方も多いかもしれません。

その最大の理由はコーティング剤に発がん性物質のキノリンイエローが使用されていること!

 

添加物に使用されているケースもありますが、多く服用してしまう可能性がある食べ物や薬には含まれていません。

 

海外の取り扱いと日本の取り扱いでは、法律的にも違うので製薬会社があるインドではキノリンイエローが使用禁止されていないため、このようなコーティング剤が使用されています。

 

なので、少しでも気になる方は別の育毛剤を使用することをオススメします。

 

しかし、具体的にフィンペシアを服用してがんを発症してしまったという事例は、今のところ発表されていません。

 

ただ、製薬会社はインドのシプラ社というところで日本人にとってはなじみのない会社。
そういった事も不安要素の一つとして挙げられるかもしれません。

フィンペシアの服用に抵抗がある方にお勧めなのはこれ!

フィンペシアは海外からの医薬品であり、日本で購入することはできません。
日本で内服薬タイプの物といえばプロペシアのみ!

 

プロペシアなら日本の病院やクリニックで処方してもらうことができます。
海外からの医薬品ではなく日本の厚生労働省が認めているプロペシアなら安心して服用することができるでしょう。

 

しかしプロペシアにも副作用の危険性があると言われています。
そういったリスクを心配せずに使用したいのであれば副作用の危険性がない育毛剤がお勧めです。

 

コーティング剤に発がん性物質が!!フィンペシアはガンになるってホント?

フィンペシア,不安

AGA治療でプロペシアのジェネリック医薬品として有名なフィンペシアですが、フィンペシアの使用に関しては躊躇しているという方も多いのではないでしょうか。

 

躊躇してしまう最大の要因は発がん性物質のキノリンイエローといわれるコーティング剤が使用されていること!

 

フィンペシアは数年前まではキノリンイエローを使用しないタイプを販売していましたが、2012年からはこのキノリンイエローが含まれたコーティング剤となってしまい、今までフィンペシアを購入していた方も購入を敬遠するというケースがとても多くなってきています。

フィンペシアのガンの発症率とは?

発がん性の危険性があると言われるフィンペシアを服用した場合のガンの発症率が増えるという具体的なデータは今のところありません。

 

しかし、キノリンイエローは日本では化粧品などの一部の添加物では使用されていますが口に入れる食品や薬には一切使用が認められていない成分。

 

薬に含まれているキノリンイエローの量は微々たるものですが、継続的に何年も服用した場合の健康を保障できるものはないのでよく考えて使用する必要があります。

 

AGA治療では発毛ももちろん重要なポイントですが、なによりも体調に不安なく使用できる育毛剤や医薬品を使用すべきでしょう。

 

そういった意味では、副作用のない育毛剤のチャップアップは安心して使用できると評判!
副作用を引き起こしてしまうような成分が一切に含まれておらず、頭皮の痒みやかぶれなどの心配もありません。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!