プロペシアの正しい服用の仕方について

プロペシアは発毛・育毛に大きな効果があると同時に、肝機能障害や性欲減退などの副作用も確認されています。発毛・育毛効果を得るとともに副作用のリスクを回避するためには、正しい方法で服用することが大切です。

 

プロペシアの服用量は、一日一錠、1mgです。病院で治療を受けている人にはこれ以下の量を服用をすすめられている人もいます。

 

そのときは医師の判断に従ってください。反対に、1mg以上服用することは禁止されています。プロペシアは量を増やしても、効果が上昇することはないといわれています。

 

自分の判断で量を増やしたり、飲む回数を増やすことはやめましょう。服用のタイミングは特に決まっていないので、食後や朝、夜など自分の好きな時間に飲むとよいです。

 

プロペシアは服用し始めてから効果が出るまでに最低でも三か月かかります。効果が出ないからといってすぐにあきらめたりせず、辛坊強く続けましょう。
また、プロペシアと併用して、ミノキシジル入りの育毛剤やミノキシジルタブレットを使用すると、発毛・育毛効果がさらに大きくなります。

 

ただ、ロゲインやカークランドなどミノキシジル入りの育毛剤も高価なものなので、無理して買う必要はありません。また、通院している人は医師に確認をとってから、ミノキシジルの使用を始めます。

 

プロペシアによる治療で何よりも重要なことは長期的な服用を続けることなので、金銭的・精神的余裕を保てる範囲で治療を続けましょう。

 

↓そういった場合は以下のプロペシアガイドサイトを使うと効果的です。↓
プロペシアの購入なら俺のプロペシア

 

病院でプロペシアによる治療を受けるときの金銭的負担について

日本では、男性型脱毛症の治療は保険適用外です。そのため、プロペシアを含む治療費はすべて自己負担になります。自由診療なので病院によって診療代や薬代は大きく異なりますが、目安としてプロペシアは一錠あたり300円前後であることが多いです。

 

基本的にプロペシア錠は一日一錠の服用で、効果が出るまでに最低三か月かかるといわれています。このため、治療は長期間にわたるので、診療代や薬代など、ある程度の覚悟が必要です。また、プロペシアの治療を受けても思ったような効果が出ないというケースもあります。

 

副作用などで治療を途中で断念せざるをえないかもしれません。治療を受ける前には金銭面とそれらのリスクを天秤にかけて、治療を受けるか決める必要があります。

 

また、病院選びは慎重に行いましょう。病院によってかかる治療代は大きく異なります。診療代だけでなく、長期間通院するための交通費なども確認する必要があります。事前にホームページや病院に問い合わせるなどして診療代などの情報を知っておくとよいです。

 

 

診療代を節約するために、個人輸入などでプロペシアを購入するという手もあります。ただ、この場合、肝機能障害や性欲減退などプロペシアによる副作用が出たとき、適切な治療を受けられない恐れがあります。

 

また、個人輸入するさいのリスクとして偽物や品質の悪い商品を買わされることがあります。これらのリスクを勘案して、自分に合った方法を選びましょう。

 

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!