プロペシアを服用したときの副作用について

プロペシアを服用すると、DHT(ジヒドロテストステロン)が低下し前立腺組織が委縮することがあります。

 

その結果、勃起不全や精力減退、精子の減少などの副作用があらわれることがあります。副作用の発生率は数パーセントです。

 

また、服用を始めた直後は初期脱毛や下痢、腹痛、頭痛などの症状が出ることもあります。これらは服用を続けるうちに、なくなることが多いのですが、ごくまれに症状が重くなることがあります。

 

そのときは、医師の診療を受けて服用を続けるか決めててください。

 

また、プロペシアによって肝機能障害を起こすことがあります。これはプロぺシアにかぎらず、薬は肝臓で代謝されるので、風邪薬でもなんでも薬を飲むと肝臓に負担がかかるのです。

 

プロペシアは毎日服用する必要があるので、風邪のときにだけ飲む風邪薬よりは肝臓にかかる負担が大きくなります。人間ドックなどで肝機能低下を指摘されたことがある人や肝臓に不安を持つ人は、医師の診療を受けてからプロペシアによる治療を始めましょう。

 

プロペシアの副作用が心配な人は、病院でプロペシアを処方してもらうとよいです。個人輸入や通販での購入に比べると、診療代や薬代などで高くつきますが、副作用があらわれたとき迅速に適切な処置を受けることができます。

 

また、副作用を出さないための一番のポイントは正しい方法で服用することです。プロペシアの服用量は法律で決まっています。量を増やしたり、飲む回数を増やすと副作用のリスクは高まります。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!