飲み薬と塗り薬、ミノキシジルの使い方として有効なのはどちらか

育毛剤の有効成分として広く知られているミノキシジル。

 

日本国内のみならず海外でも利用されていて、その効果は世界中で知られています。
ミノキシジルは、元々は血管拡張剤として使われていたもので、発毛効果というのは本来の効果とは違う意図しない効果でした。

 

しかし、服用していた患者に多毛症の発生が増えたことから、発毛効果に注目されるようになりました。

 

ミノキシジルを使った育毛剤は一種類ではなく、世界中を見ればたくさんの種類がありますが、大きく分けて2つの種類に分けられます。
それは、経口薬と塗り薬です。

 

日本国内で有名なミノキシジルを使った育毛剤のリアップは塗り薬で、使用の際には頭皮に塗布することで効果を発揮します。
逆に、海外で使われているミノキシジルタブレットなどは経口薬となっています。

 

どちらでも効果を発揮することは研究結果で明らかなのですが、ではどちらがより効果を発揮するのかというのは気になるところです。

 

ミノキシジルを最大限に効果を発揮させるためには、実は塗り薬よりも経口薬の方が望ましいと考えられています。
元々ミノキシジルは経口薬として開発されているため、胃腸からの吸収の方が正解に近いのです。

 

では何故、塗布薬として販売されているのかというと、これには副作用や効果の範囲などが関係していると言われています。

 

ミノキシジルは安全かというと、そうではありません。
大量に摂取すればそれだけ体に負担をかけますし、それによって体を壊したりする可能性もありますから、効果の出るギリギリのラインを使うことが最良なのです。

 

経口薬ですと条件によっては効き過ぎてしまったりすることもあるので、使用に関してより細心の注意が必要なのです。
また、経口薬ですと発毛効果が髪の毛だけでなく全身に現れます。

 

つまり、全体的に毛深くなってしまうため、ヒゲが濃くなったりとかすね毛が濃くなったりするということです。

 

髪の毛だけに発毛効果を出したいというのであれば頭皮部分にだけ使用する必要があり、そういった細かい使い分けのために塗布薬が販売されているのです。

 

ミノキシジルの有効性について考える

ミノキシジルは、AGAの治療薬として有効性があるといわれているものです。AGAは、遺伝的要素での脱毛なため、生活環境や食生活などを変えても改善は難しいとされています。

 

そんなAGAに有効な治療薬といわれているので、悩んでいる方々には、ミノキシジルは、救世主のような存在とさえいえるかもしれません。
AGAを治療する方法としては、ひとつには、ハゲの進行を食い止める方法、もうひとつとしては、ハゲてしまった部分を再生するという方法が考えられます。

 

そして、このミノキシジルは、なんと、ハゲてしまった部分の再生を可能にする治療薬だといわれているのです。本当に驚くことばかりのミノキシジルです。絶望的だったハゲの部分の再生が可能になってしまうなんて、本当に泣いて喜ぶ方もいるかもしれません。

 

実はミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬として用いられていたようです。つまり、ミノキシジルには、血管の拡張や血行の促進などの効果があるといえます。

 

この効能が、AGAの治療としても、効果を表しているのです。つまりは、AGAによって収縮してしまった血管を拡張し、頭皮の血行を促進してくれるということなのです。

 

ハゲの進行を食い止めることすら難しく、悩んでいる方々にとって、ハゲてしまった部分の再生までが可能になるとは、本当にすごい治療薬だと思います。

 

しかも、ミノキシジルは、その使用量に応じて、その効果も高まるようです。ただ、使用量がふえるとかゆみなどの副作用を生じる可能性もあるようなので、加減は大事かもしれません。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!