ノコギリヤシが抜け毛に効くその理由とは

育毛剤などに使われ、確実に効果の期待出来る成分として有名なのは、ミノキシジルやフィナステリドという成分ですが、それ以外にも育毛効果が期待出来る成分として利用されている物質はたくさんあります。

 

そのうちの一つがノコギリヤシという天然の植物で、米国南西部に自生する固有種です。
2m〜4m程度の小さなヤシで葉に鋭い棘が無数に付いていることから、この名前が付いています。

 

ノコギリヤシは、前立腺肥大症などの薬として用いられるのが一般的で、発毛効果というのは実は殆ど知られていませんでした。

 

アメリカの先住民族であるインディアンも、乾燥させた果実を健康維持・精力回復の常備薬として用いていましたが、決して育毛剤として使っていたというわけではありませんでしたし、前立腺肥大などに加え育毛効果が発見されたのは最近の進んだ研究の成果と言えるでしょう。

 

前立腺肥大症などには、5α−リノクターゼと呼ばれる酵素が関係しています。

 

この酵素は、頭髪を薄くすることでも知られている酵素で、毛母細胞を弱め男性特有の前頭部や頭頂部の脱毛の原因の一つとされています。
前立腺肥大症と薄毛の原因が同じであるということ、ノコギリヤシがこの酵素の働きを抑えてくれるということで、ノコギリヤシが抜け毛に効果が有るということになるわけです。

 

アメリカやヨーロッパなどでは、ノコギリヤシは前立腺肥大症に効果のある医薬品として認可されています。

 

つまりは、脱毛の原因である酵素を抑える働きも間接的に認められているということですから、その効果は期待出来るものとして考えても良いということです。

 

ノコギリヤシサプリメントの副作用について

ノコギリヤシは昔から薬草、強壮植物として世界各国で利用されており、その安全性に関しては疑いの余地はありません。

 

ただし、サプリメントは有効成分を凝縮しています。凝縮している分、過剰摂取による副作用は起こりえます。現在のところ、ノコギリヤシサプリメントによる健康被害に関する副作用の報告は一件もありません。

 

しかし、だからといって過剰摂取による健康被害の可能性がまるでないわけではありません。健康被害というほどのことではないけれど、過剰摂取によって下痢や頭痛などの軽い症状が出ることは確認されています。
また、女性であれば、ホルモンの影響でひげが濃くなるなどの現象が起きることもあります。これはノコギリヤシが男性ホルモンに作用するためです。

 

また、ノコギリヤシサプリメントの使用を控えるべきケースがあります。抗血液凝固剤(血液をさらさらにするための薬)や抗血液小板薬などを飲んでいる人はノコギリヤシの摂取は危険です。ノコギリヤシによって出血傾向が高まることがあります。

 

さらに、ノコギリヤシは男性ホルモンに働きかけるので、妊娠中や授乳中の人は、男性胎児・乳児に影響を与えることがあるので、服用しない方がよいです。

 

ノコギリヤシサプリメントを服用するときは、他のサプリメントと同様、説明書をよく読み、一日分の用量の決まりを守りましょう。また、頭痛などの症状が出た場合は服用を中断し、必要があれば病院に行くなどの処置を行います。

副作用のない育毛剤なら「チャップアップ」も人気です


ミノタブ関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!